東京ドームの東京国際キルトフェスティバル。洋裁の帰りにお友達の入選作を観にいってきました。
混むとは聞いていましたが、13時過ぎなのに入場のための行列が!



中も凄い人!これがキルトの実力なのね~。昨年パークタワーで観た時にも驚きましたが、手作り人の中でも根気とパワーのある方が集結しています。いつも思います、栄えてて羨ましい‥‥。スモッキングも栄えて欲しい、いつかたくさんの素敵な作品を集めて展示会‥‥したいな~(^^)



お友達の作品のだいたいの場所はわかっていましたが、それでも広くて探すのが大変。当たり前ですが何百枚もキルトが並んでるんですもの‥‥
ようやく見つけて撮影。ボルチモアキルトという、アップリケの細かい、気の遠くなるような作品です。。



お友達のは色合いが優しくて、人柄が出ているな~と思います。ただただ素晴らしい。。そして大きさに圧倒。


針と糸の祭典だからほかの刺繍もあるのですね。ハンドクラフト大賞のブティは、さすがに見とれる美しさでした。(iPhoneでは何だかよくわからない^^;)



もう一つゆっくり観たのが、ターシャ・テューダーさんのブース。手縫いの素敵なドレスたち。




素晴らしい技術のお人形


こんな生き方をした方もいるのねと思うと、私もまだまだ勉強を続けていこうと励まされます。




それにしても、展示ブースではお行儀良かった方々が、物販ブースでは凄い!もみくちゃです~一人で良かった。迷子間違いなしだわ‥‥。
もちろん、スモッキングのキットや生地、プリーター、ピクチャーの図案、貴重な洋書、などが並んでいたなら‥‥私もお行儀良くなんて無理かも^^;
関連記事

キルトフェスティバルの収穫

ボランティアのマーマレード作り

comment iconコメント ( 0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( 0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)